あがり症克服

あがり症なので、人とのコミュニケーションが苦手です。

あがり症だから人とのコミュニケーションが出来ないのではないですね。

 

人とのコミュニケーションが出来ないから、あがってしまうのです。

 

原因と結果が逆ですね。

 

解決するには、コミュニケーションが上手く取れればいいだけの話です。

 

道筋はとてもシンプルなのですが、じゃあ、どうすればコミュニケーションが
うまくなるのか?・・・・ここですね。

 

話の上手な人の特徴は、話の流れがとても興味深いといいますか、
話題の盛り上げ方が半端じゃないと思われませんか?

 

そして、最後にストンと落ちに持っていく、このワザはプロみたいですよね。

 

TVなどでも、売れっ子の芸人は、話の落とし方にその実力の凄さ
を見せつけられますよね。

 

まあ、私たちは、プロの芸人ではありませんので、彼ら名人級には
及びませんが、でも、周りに必ずセミプロ級の一人や二人はいますよね。

 

彼らには、天性のセンスがあるようですね。練習もしていないしね

 

しかし、
中には天性のセンスを持ち合わせていなかったのに、いつの間にか、
皆の中心となって、話題を振りまくようになった人もいます。

 

この人達はどうしてお喋り好きになったのでしょうか?

 

しつこく質問しますと、どうやら、プロに習ったといいます。

 

プロに習うなんて意表を突かれますね。

 

でも、マンツーマン形式じゃなく、DVD方法だったようです。

 

できるだけ早くちょっと気の利いた話ができるようになるには
最短最適な方法なのですね。

 

プロに習えば、話す内容の組立て方はもちろん、その話をどのように
山を作って話していくか、その話し方までコーチングしてくれるわけです。

 

もちろんマンツーマンではないですが、DVDの場合、繰り返し反復出来るのが
強みですね。

 

スマホなどに入れて持ち運びも出来ますし。

 

話題の選び方から、話す内容の組立て方のスキルが身につけば、
話したくて話したくてたまらなくなってしまうと、実践者さんも語っておられますね。

 

その気持によくわかりますが、いつの間にか、あがり症じゃなくなっていますね。

 

ご本人は気づいていませんね。

 

まあ、あがり症なんて、所詮その程度の悩みなのですね。

 

で、さらにしゃべり方については姿勢から、どこを見て話せばよいかなど、
至れり尽くせりですね。

 

これが、プロの仕事なんですね。

 

話し方までマスターすれば、あがり症など蹴散らして、卒業です。

 

後は充実した生活が待っているという誠にめでたい話でした。

 

めでたし!  めでたし!

 

 

この教材が少し気になったというあなたにアドバイスがあります。

 

ご購入決断される前に、あがり症が改善するイメージを持てるかどうかを
確認されたほうがいいとおもいます。

 

このイメージを持てなければ、いくら、教材のトレーニングを重ねても、
まずは、効果を実感されないと言い切れますので、ご購入は今回はストップ
されるほうが無難です。

 

大半の方が、せっかく高額な教材を手にされても、あがり症を克服したという
爽快感を得られないのは、あがり症を克服するということは、結局
どういうことなのかイメージが湧かないままでいるからなのです。

 

 

簡単な質問があります。

 

@ あがり症を改善克服するには、人前に出ても緊張しないで済むように
  自分の体質を強化するためにイメージトレーニングなどに取り組む。

 

A 人前であがってしまうのは、会話力や会話の組み立て能力不足なので
  こういった会話スキルを高めるように教材でしっかり学ぶ。

 

B あがってしまった時にどうするかのテクニックをできるだけ多く
  身につける。

 

 

 

あがり症を克服するために最も重要だと思われるのは、上記の@〜Bの
どれだと思われますか?

 

どれも大切に見えますが、(B)を選択された方は、この教材を購入されても
大丈夫だと思います。

 

それ以外を選択された方は、挫折する恐れがありますので、
まだ、購入されないほうがいいと思います。

 

あなたにとってあがり症克服のために獲得したいスキルの優先順位が何なのかを
もう一度原点に戻って再確認しましょう。

 

 

 

 

人とのコミュニケーションが苦手だと、自信喪失しているときに
どうすれば切り抜けられるのか知ってれば、問題は解決します。

 

知ってるか知らないかが、あがり症克服者との分岐点なのです。

 

 

プロからコミュニケーションを学ぶことについては

 

 ⇒ ⇒ こちらで説明されています。

あがり症に悩む人が増加しています。
あがってしまうことに不安があるので、会合や発表など人前に出る機会に出くわすと、まだ何も始まっていないのにパニック状態に
陥ってしまう肩の悩みも深刻です。薬服用は副作用が怖いし、ネットで調べれば、「慣れること!」と何だか冷たいアドバイスなので、
寂しい感じがしますね。ただ、一口に「あがり症だ」といっても、悩みの種類は様々です。ざっと上げてみますと
・自分のあがり症は病気だと悩んでいる。・自分のあがり症は異常だと心配している。・あがり症は治らないと諦めている。
・あがり症は自分の性格で仕方ないと誤解している。・自分のあがり症は生まれつきだから、どうしようもないと悲観している。
あがり症のせいで、人とのコミニュケーションがうまく出来ない。・人前で緊張のため頭が真っ白になってしまう。・人との会話中に、
緊張からか手や足に汗が出てくる。・人と話すと緊張して心臓がドキドキバクバクしすぎる。・初対面の人とスムーズに話ができない。
・すぐに赤面してしまう。・何を話しているのかわからなくなる。・相手の目を見て話せない。まだまだありますが、悩みは相当広範囲に
またがっています。悩みはひとつとは限りません。複数以上の悩みを併せ持つ方もいらっしゃいます。あがり症の症状が多岐にわたるので、
対応も異なります。当サイトでは、あがり症を克服するために上がる原因をしっかり把握して、その対応策策に到達できることを目的として
作成しています。お役に立てれば幸いです。