あがり症克服

初対面の人には手足に汗、心臓はどきどき、手足や膝が震えます。

ヤフー知恵袋や教えてgooには、様々な悩み事相談が寄せられていますね。

 

その中でも特に多いのが、
『初対面の人には手足に汗、心臓はどきどき、手足や膝が震えるのは
ご本人の気が弱さが原因なのでしょうか?』

 

と言った感じの相談です。

 

子供ならそんなことあるのかもしれませんが、大の大人なので
恥ずかしい限りだとおっしゃっています。

 

こんな状態が続けば、今後が心配でなりませんと危惧もされています。

 

それは病気なのだよ、と言って貰えれば、少しは気持ちが楽になりますが、
問題の本質はそんなところにななさそうで、とても悩んでおられます。

 

やはり、私が成長しきれていないといいますか、対応能力が他の皆さんに
劣るのでしょうか。
もう、どうしていいかわかりません

 

 

とても深刻に悩んでおられますよね。

 

解決策があるのでしょうか?

 

 

それ以外のにも、初対面の人とは全く話ができないとか、目が合わせられないとか、いろいろな悩みが書き込まれています。

 

 

これらの悩みの特徴は、全て、相談者さん側の事情だと思われませんカ?

 

初対面の方が、相談者に何かしたわけでないですよね。

 

つまり、相談者さん側にのみ発生している現象だと思うのですけれど、、、、、。
(相談者さんが一人相撲されているように見えます)

 

 

難しそうですが、こういった悩みは、比較的簡単に解决しそうです。

 

と言いますのは、もし、原因が相手側にもあるのなら、相手も交えて解决する
必要があるのでちょっと面倒になりますが、相談者さんだけで片付くわけだから、
話は、早いと思うのです。

 

 

これは、コミュニケーション技術を向上させれば一発で解決します。

 

コミュニケーションに自信が持てるようになれば、悩む理由がなくなっちゃいます。

 

場数を踏みなさいなどと見当はずれのアドバイスが、ヤフーの解答欄に掲載
されていましたが、無責任な回答ですね。

 

何もわからず、場数を踏めば、失敗を重ねることになり、それがトラウマとなる
危険性に気がつかないのでしょうか?

 

やはり、基本のコミュニケーションはプロに学ぶと効果的だし、最短で結果が
出るわけです。

 

確か、30日もかからないと思います。

 

 

この教材が少し気になったというあなたにアドバイスがあります。

 

ご購入決断される前に、あがり症が改善するイメージを持てるかどうかを
確認されたほうがいいとおもいます。

 

このイメージを持てなければ、いくら、教材のトレーニングを重ねても、
まずは、効果を実感されないと言い切れますので、ご購入は今回はストップ
されるほうが無難です。

 

大半の方が、せっかく高額な教材を手にされても、あがり症を克服したという
爽快感を得られないのは、あがり症を克服するということは、結局
どういうことなのかイメージが湧かないままでいるからなのです。

 

 

簡単な質問があります。

 

@ あがり症を改善克服するには、人前に出ても緊張しないで済むように
  自分の体質を強化するためにイメージトレーニングなどに取り組む。

 

A 人前であがってしまうのは、会話力や会話の組み立て能力不足なので
  こういった会話スキルを高めるように教材でしっかり学ぶ。

 

B あがってしまった時にどうするかのテクニックをできるだけ多く
  身につける。

 

 

 

あがり症を克服するために最も重要だと思われるのは、上記の@〜Bの
どれだと思われますか?

 

どれも大切に見えますが、(B)を選択された方は、この教材を購入されても
大丈夫だと思います。

 

それ以外を選択された方は、挫折する恐れがありますので、
まだ、購入されないほうがいいと思います。

 

あなたにとってあがり症克服のために獲得したいスキルの優先順位が何なのかを
もう一度原点に戻って再確認しましょう。

 

 

 

 

初対面の人には手足に汗、心臓はどきどき、手足や膝が震え始めたときに、
どうすれば切り抜けられるのか知ってれば、問題は解決します。

 

知ってるか知らないかが、あがり症克服者との分岐点なのです。

 

 ⇒ ⇒ プロの、コミュニケーション・トレーニングの方法の説明はこちらです。

 

 

サイト概要

あがり症に悩む人が増加しています。
あがってしまうことに不安があるので、会合や発表など人前に出る機会に出くわすと、まだ何も始まっていないのにパニック状態に
陥ってしまう肩の悩みも深刻です。薬服用は副作用が怖いし、ネットで調べれば、「慣れること!」と何だか冷たいアドバイスなので、
寂しい感じがしますね。ただ、一口に「あがり症だ」といっても、悩みの種類は様々です。ざっと上げてみますと
・自分のあがり症は病気だと悩んでいる。・自分のあがり症は異常だと心配している。・あがり症は治らないと諦めている。
・あがり症は自分の性格で仕方ないと誤解している。・自分のあがり症は生まれつきだから、どうしようもないと悲観している。
・あがり症のせいで、人とのコミニュケーションがうまく出来ない。・人前で緊張のため頭が真っ白になってしまう。・人との会話中に、
緊張からか手や足に汗が出てくる。・人と話すと緊張して心臓がドキドキバクバクしすぎる。・初対面の人とスムーズに話ができない。
・すぐに赤面してしまう。・何を話しているのかわからなくなる。・相手の目を見て話せない。まだまだありますが、悩みは相当広範囲に
またがっています。悩みはひとつとは限りません。複数以上の悩みを併せ持つ方もいらっしゃいます。あがり症の症状が多岐にわたるので、
対応も異なります。当サイトでは、あがり症を克服するために上がる原因をしっかり把握して、その対応策策に到達できることを目的として
作成しています。お役に立てれば幸いです。