あがり症は病粋でない

あがり症の自分は異常だ、病気だという苦しみは、もう卒業しませんか?

あがり症は病気だという考え方は間違っています。

 

むしろ、最初は、あがり症でないことのほうが異常なくらいです。

 

また、あがり症という病名は存在しません
存在しないということは、あがり症などはないのだということの証明でもあります。

 

では、今、悩んでいるこの状況はなになのかといいますと、
単に情報不足の状態にほかなりません。

 

情報がないから、どうなっていくのかがわからず、不安だということなのです。

 

なんでもそうですが、知ってしまえば、
な〜〜だ!そうなのか!と納得できるものなのです。

 

あがり症に対して、ある程度の情報を持てば、まず、病気だとは思わなくなる
でしょうし、異常だとも思わなくなるでしょう。

 

じゃあ、具体的には、どういう情報を持てばいいのかといいますと、

 

何故自分はあがってしまうのかという原因をつかむことなのです。

 

原因がわかれば、どのように、対応すればいいのか、自分でも自然に
わかりますし、他の方から、ベストな対応を提示されると、無理なく
身につけていけるものなのです。

 

原因がわかっているから、対応法に納得性があるのです。

 

一番望ましいのは、自分のことですから、あがる根本の原因を自分で見つけ出すことですが、
その方法はある種の危険もあります。

 

それは、素人ですからあがり症の知識が万全でないので、原因の見落としです。

 

せっかく自力で改善の方向に辿りつけたとしても、改善のし残しに気が付かず、
将来再び、あがり症を発生してしまうケースです。

 

こんなことになれば、がっかりですね。

 

やはり、自分のあがってしまう原因の追求は一番大切ですから、漏れのないように
万全の態勢で望まなければならないと思います。

 

出発点が不完全だと、やり直しなどで二度手間三度手間になってしまいますから。

 

 

この、原因解明については、わかりやすさと納得性のあるアドバイスがとても重要だ
と思います

 

いろいろな教材を比較してみましたが、多くの方に効果的だと思える教材があります。

 

超ロングランで多くの方の支持を集めている教材です。(販売数、人気度第1位)

 

 

この教材が少し気になったというあなたにアドバイスがあります。

 

ご購入決断される前に、あがり症が改善するイメージを持てるかどうかを
確認されたほうがいいとおもいます。

 

このイメージを持てなければ、いくら、教材のトレーニングを重ねても、
まずは、効果を実感されないと言い切れますので、ご購入は今回はストップ
されるほうが無難です。

 

大半の方が、せっかく高額な教材を手にされても、あがり症を克服したという
爽快感を得られないのは、あがり症を克服するということは、結局
どういうことなのかイメージが湧かないままでいるからなのです。

 

 

簡単な質問があります。

 

@ あがり症を改善克服するには、人前に出ても緊張しないで済むように
  自分の体質を強化するためにイメージトレーニングなどに取り組む。

 

A 人前であがってしまうのは、会話力や会話の組み立て能力不足なので
  こういった会話スキルを高めるように教材でしっかり学ぶ。

 

B あがってしまった時にどうするかのテクニックをできるだけ多く
  身につける。

 

 

 

あがり症を克服するために最も重要だと思われるのは、上記の@〜Bの
どれだと思われますか?

 

どれも大切に見えますが、(B)を選択された方は、この教材を購入されても
大丈夫だと思います。

 

それ以外を選択された方は、挫折する恐れがありますので、
まだ、購入されないほうがいいと思います。

 

あなたにとってあがり症克服のために獲得したいスキルの優先順位が何なのかを
もう一度原点に戻って再確認しましょう。

 

 

 

 

実際、あがり症の自分は異常だ、病気だという苦しみが始まったとき
どうすれば切り抜けられるのか知ってれば、問題は解決します。

 

知ってるか知らないかが、あがり症克服者との分岐点なのです。

 

 

 

 ⇒ ⇒ その教材の公式ホームはこちらです。

サイト概要

あがり症に悩む人が増加しています。
あがってしまうことに不安があるので、会合や発表など人前に出る機会に出くわすと、まだ何も始まっていないのにパニック状態に
陥ってしまう肩の悩みも深刻です。薬服用は副作用が怖いし、ネットで調べれば、「慣れること!」と何だか冷たいアドバイスなので、
寂しい感じがしますね。ただ、一口に「あがり症だ」といっても、悩みの種類は様々です。ざっと上げてみますと
・自分のあがり症は病気だと悩んでいる。・自分のあがり症は異常だと心配している。・あがり症は治らないと諦めている。
・あがり症は自分の性格で仕方ないと誤解している。・自分のあがり症は生まれつきだから、どうしようもないと悲観している。
・あがり症のせいで、人とのコミニュケーションがうまく出来ない。・人前で緊張のため頭が真っ白になってしまう。・人との会話中に、
緊張からか手や足に汗が出てくる。・人と話すと緊張して心臓がドキドキバクバクしすぎる。・初対面の人とスムーズに話ができない。
・すぐに赤面してしまう。・何を話しているのかわからなくなる。・相手の目を見て話せない。まだまだありますが、悩みは相当広範囲に
またがっています。悩みはひとつとは限りません。複数以上の悩みを併せ持つ方もいらっしゃいます。あがり症の症状が多岐にわたるので、
対応も異なります。当サイトでは、あがり症を克服するために上がる原因をしっかり把握して、その対応策策に到達できることを目的として
作成しています。お役に立てれば幸いです。